The First Star 大人の遊び Handmade Leather Craft

大人の男が 見様見真似で 色々実践したものを レポートしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男なら作ってみろ たくあん漬け パート2

大根を干す
P1000967.jpg
JAの直売所で特売日でした
大根10本買いました
これから軒下で2週間干します
今回は葉を付けたまま干します
葉は だしに 使います

15日干しました
P1030053.jpg
左の大根が 折れています
Uの字に折れ曲がるまで曲げたら 折れました ハハハ
他の大根は Uの字に曲がりました
ほとんどの大根が 良い感じに干せました

大根をまな板の上で転がす
P1030054.jpg
大根の葉っぱは 大根の首の所から切りました
枯れた葉っぱは だしに 青い所は漬けます
大根を まな板の上で転がします
硬い所は 擦りごぎ棒で 叩きます

材料
P1030056.jpg
干した大根  今回は10本で 4600gでした
ぬか      10% 460g
捨てぬか    同量 
塩        5% 230g
砂糖       2% ザラメ 92g 今回は少なめにしました
果物の皮    ミカンの皮 リンゴの皮 柿の皮 なすの葉(干したもの) 適量
鷹の爪     6個
日高昆布    30cm位のを4枚
重石      大根の重さの2~3倍

ぬか 塩 ザラメの量はは 干した大根を実際に量って計算してください
捨てぬか以外のものを 大きめの器の中で混ぜてください

なすの葉 ↑ ↑ ↑ 上の撮影に もれています
P1030059.jpg
撮影し忘れてました ハハハ

漬け方 1
P1030057.jpg
樽の中に 漬物用のビニール袋をひいて 一番下に捨てぬかを振ります

漬け方 2
P1030058.jpg
大根を並べます

漬け方 3
P1030061.jpg
ミカンの皮 リンゴの 皮鷹の爪を振ります
その上から 混ぜておいた ぬか(塩 昆布 ザラメ なすの葉)を振ります

漬け方 4
P1030060.jpg
大根の葉っぱの枯れている部分は取って別にしておいて 最後に「だし」に使います
大根の葉っぱの綺麗な部分を 置きます

漬け方 5
P1030062.jpg
ぬか(塩 昆布 ザラメ)を振ります
二段目からは 作業 2 からの繰り返しになります

漬け方 6
P1030063.jpg
二段目の大根を並べて ぬかを振って その上から だしの葉っぱを置きます

漬け方 7
P1030064.jpg
だしの葉っぱの上に 捨てぬかを振ります

漬け方 8
P1030065.jpg
最後に押さえぶたの上から両足で乗り 体重をかけて引き締めます
重石を乗せます 水が上がったら軽めの重石に変えます
2週間くらいで水が上がると思います
常にふたの所に水が来るように 重石を調節します
水の中に ふたと重石が沈むようだったら重すぎです
12月21日に漬けました 1ヶ月くらいで食べれると思います

くちなしの実
P1030075.jpg
今回漬け終わって 重石を置く段階になって
知り合いのお母さんから くちなしの実を頂きました
くちなしの実は 色付けに使います
今回は間に合いませんが 知り合いのお婆ちゃんに
たくあん漬け頼まれているので 現在大根を15本干しています
その時に使います ハハハ 

果物の皮を干す時の注意点ですが 外で干す時は風に飛ばされますので
私は家の中で 日光のあたる窓際に新聞紙を敷いて干しました
皮の部分を下に 実の部分を上にして干した方が良いようです
実の部分を下にして干すと なかなか乾かずカビが生えます










スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zippo1124.blog79.fc2.com/tb.php/7-c727a53e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。